賢く妊活!安全安心の排卵検査薬&
タイミング法で妊娠確率を高めましょう!

排卵検査薬を使うタイミングは?おすすめの排卵検査薬は?

海外排卵検査薬通販ラッキーテスト.JP

≪ラッキーテスト排卵検査薬≫
妊活をしている方で、排卵日を気にしている方は多い事と思います。始めたばかりの方の中には、排卵日はいつなのか、どのタイミングで性交するといいのかといった様々な疑問やお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな疑問に少しでもお役に立てばいいなと思っています。

排卵日を知るため排卵検査薬を使おう

妊娠率を高めるタイミングの取り方について
排卵した卵子の生存期間は1日と言われており、しかも、卵子の老化は進行が早く、排卵後数時間以内の受精が理想的ではあるようです。 そのため、「排卵したときに、そこに精子が待機している」ことは大切なポイントです。最も妊娠しやすいセックスのタイミングは、排卵日の2日前、排卵日前日、排卵日当日の順と言われています。無駄なく有効なタイミングをとるため、事前から排卵日を予測することが大切です。
排卵検査薬は排卵日の1~2日前から反応し、排卵日を予測してくれます(o^∇^o)ノ
排卵検査薬は、排卵直前に起こるLH(黄体形成ホルモン)の分泌の急上昇(LHサージ)を確認するものです。 排卵直前になるとLHの数値が上がり、排卵検査薬は陽性反応を示します。排卵はLH濃度がピークになった時から約24~36時間以内に起きますので、 排卵検査薬によってこのピーク時を知り排卵日を予測します。

陽性反応が確認されましたら、陽性反応日、その翌日、翌々日の三日間に2回ぐらいタイミングを とることによって、高い確率で子供を授かることができます。
日本製排卵検査薬ドゥーテストと海外製排卵検査薬を比較してみました
ドゥーテスト排卵検査薬は排卵日1日前から陽性反応が出始めるそうです(ドゥーテスト排卵検査薬HPより)
一方、海外製排卵検査薬なら、排卵日の約2日前から陽性反応が出始めます(≧ω≦)OK!
値段について、日本製排卵検査薬1回分約300円~、中国製排卵検査薬は1回45円~、アメリカ製排卵検査薬1回65円~、
海外排卵検査薬は性能が良いうえ、値段がかなり安いです!

アメリカ製ラッキーテスト排卵検査薬&早期妊娠検査薬60回分3850円検査薬組合せ自由55回分3650円!
商品画像
当店では、なかなかお時間がなくて薬局へ買いに行くことができない、買いずらい方やお手ごろに試してみたいという方のために 海外から排卵検査薬や早期妊娠検査薬などを販売しています。海外からの発送となりますが、日本人が丁寧に梱包・対応いたしますのでご安心ください。

海外排卵検査薬は何種類もありますが、おすすめの排卵検査薬は?

初めての海外排卵検査薬は戸惑うことも多いと思います。排卵検査薬の選び方についてご紹介いたします。 どの排卵検査薬でも優れたものですが、ブランドによって検査結果の現れ方が異なります。たくさんの検査データを収集し比較した結果、陽性反応の濃さは下記の順になります。
中国製DAVID排卵検査薬(慎重)<アメリカ製A-check排卵検査薬<アメリカ製ラッキーテスト排卵検査薬(中間)<Wondfo(陽性反応が出やすい)
個人差(ホルモン分泌量の違い)によって、排卵検査薬が合うか合わないかが出てきます。排卵検査薬は、排卵の直前に起こるLH(黄体形成ホルモン)の分泌の急上昇(LHサージ)を確認する仕組みです。LHホルモンは普段から少量分泌されていますが、しかも個人差や周期による変動があります。排卵検査薬は、尿中LH濃度の「高い、低い」を判定するので、日頃から尿中のLH濃度が高い場合等は陽性判定の続くことがあります。逆に、分泌量のピーク時でも濃度が低いとき等、陰性の続く場合があります。
排卵検査薬自身の特徴で排卵検査結果が変わります。敏感度が高ければ高いほど陽性反応が継続して出る恐れがあります。逆に慎重なものはLHサージを検知できず、陰性反応が続く場合もあります。排卵検査薬の初心者にとっては、排卵検査薬選びは実に難しいかもしれません。そのため、最初に排卵検査薬を購入する際、敏感すぎず慎重しすぎないLuckytest排卵検査薬か、A-check排卵検査薬をおすすめいたします。
≪ラッキーテスト排卵検査薬≫←おすすめです
≪エーチェック排卵検査薬≫←おすすめです
また、適量の本数について、出来れば効率よく妊娠に繋がればと考えていますので、目安になる早期妊娠検査薬&排卵検査薬のセットを用意いたしました。
妊娠の確率ですが、30代の健康男女の妊娠率は20%~30%であると言われています。何の問題もなく、積極的にタイミングを取っても、平均3~4周期で妊娠できるのは一般的です。仕事の都合や体調不良などが原因でタイミングを取れないときもありますよね。様々な要因を考慮したら、もう少し余裕を持ったほうがいいかもしれません。

産婦人科の先生によりますと、妊活してから半年以内に妊娠できれば良いほうだそうです。3~4周期で考えると、55本セット、60本セットが適量でコストも抑えると思います。大切な時期に排卵検査薬が足りなく焦るより余裕を持った方が良いと思います。

排卵検査薬の使い方は簡単ですが、いくつの注意事項があります!

排卵検査薬はいつから始めますか?との質問が多いです。生理不順で排卵検査開始日を悩むことがありますよね。
生理不順生理周期不安定の場合、直近半年~3カ月の最短周期日数で計算してください。
排卵検査開始日から1日1回検査してください。過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。

検査時期に関する注意
・1日1回検査する場合:1日1回毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
・1日2回検査する場合:1日2回(例えば朝夕)検査をしてください。毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
また、排卵検査薬の使い方に「測定する前2時間以内、水を控えること」と記載されています。
検査する前に水分を取り過ぎると、尿液が薄くなり検知しにくくなります。検査結果が不正確になる可能性がありますが、極端に水分補給をしなければ大丈夫です。夏場など普段より水分補給を多めに取っても汗と一緒に出てしまうので、 検査結果に影響しないと思います。

排卵検査薬の結果判定

◎検査結果ですが、毎日薄いラインが出ています。これで陽性反応でしょうか?排卵はいつになりますか?
LH分泌量は、個人差によって大きく違います。はっきりとテストラインが出なくても排卵する場合があります。 確実な方法としては、高温期に入るまで排卵検査を続けることです。排卵日検査薬の結果動向ですが、 白(陰性)→薄(陰性)→濃(陽性)→薄(陰性)→白(陰性)の流れになります。3周期前後の連続測定により、テストラインの一番濃い時期 を把握できます。その時期を陽性反応として認識し、排卵日を判定していただければと思います。ちなみにLH分泌量が少なく、 まったく検知できない場合があります。そのため、結果判定に迷う場合は、遠慮なく当店のサポート掲示板をご利用ください。

排卵検査薬&基礎体温

排卵検査薬を使用する時は、基礎体温もつけていた方が良いと思います。
排卵検査薬で陽性反応が出ても排卵しないことがあります。つまり、LHサージがあっても排卵障害や黄体機能不全などの疑いがあれば排卵しません。本当に排卵があるかどうかについて、基礎体温から検証できます。 低温期と高温期ははっきり分かれており、その温度差は0.3℃以上であれば、排卵があると言われています。 もし高温期の体温が低い、低温期はそのまま延長する場合、実際卵の品質、無排卵の心配が出てきます。
不妊症の疑いがある方、不妊治療をしている方は、排卵検査薬だけではなく、基礎体温を計測したほうが良いと思います。
高温期の体温が低いとき
低温期と高温期ははっきり分かれており、その温度差は0.3℃以上であれば、排卵があると言われています。もし高温期の体温が低い、低温期はそのまま延長する場合、実際卵の品質、無排卵の心配が出てきます。 周期差がありますので、今周期だけでしたら、心配しなくても良いですが、何周期も同じ症状が続く場合は、1回病院受診に行くほうが安心です。

排卵検査薬の保管方法&使用期限

◎夏場で気温が高いですが、常温保管の温度を超えても大丈夫ですか?
検査紙を袋から出しっぱなしで保管したり、高温多湿の部屋で保管していたりすると、試験精度が落ちてしまい、当てにならない結果になることがあります。 未開封の検査薬は乾燥剤が入っているので、直射日光の当たらない乾燥な場所で保管し、多少温度が高くても大丈夫です。
◎使用期限が切れました
期限過ぎた検査薬のご使用はおすすめできませんですが、メーカーに確認したところ、精度が少し落ちるかもしれませんが、使用期限は1年間過ぎても使えると言われました。